Home > 熊本大学整形外科専門研修プログラム

熊本大学整形外科専門研修プログラム

1.熊本大学整形外科専門研修プログラムについて

 熊本大学の理念は「知の創造、継承、発展に努め、知的、道徳的及び応用能力を備えた人材を育成することにより、地域と国際社会に貢献する」ことです。また、整形外科専門医は、国民の皆様に質の高い運動器医療を提供することが求められます。このため整形外科専門医制度は、日本整形外科学会に所属する専攻医に対して医師として必要な臨床能力および運動器疾患全般に関する基本的・応用的・実践能力を教育し、国民の運動器の健全な発育と健康維持に貢献できるようにすることを理念としています。この理念を達成するために専門研修プログラムとしては、以下の4点の修得を重要視しています。

1) 豊富な知識
  整形外科医師としてあらゆる運動器疾患に関する知識を系統的に理解し、さらに日々進歩する新しい知見を時代に先駆けて吸収し続ける。

2) 探究心
  あらゆる運動器疾患に対する臨床的な疑問点を見出して解明しようとする姿勢を持ち、その解答を科学的に導き出し、論理的に正しくまとめる能力を身につける。

3) 倫理観
  豊かな人間性と高い倫理観の元に、整形外科医師として心のこもった医療を患者に提供し、国民の運動器の健全な発育と健康維持に貢献する。

4) 実践的な技術
  豊富な症例数に基づいた研修により、運動器全般に関して的確な診断能力を身につけ、適切な保存療法、リハビリテーションを実践する。そして基本手技から最先端技術までを網羅した手術治療を実践することで、運動器疾患に関する良質かつ安全な医療を提供する。
  熊本大学整形外科専門研修プログラムにおいては指導医が専攻医の教育・指導にあたりますが、専攻医自身も主体的に学ぶ姿勢をもつことが大切です。整形外科専門医は自己研鑽し自己の技量を高めると共に、積極的に臨床研究等に関わり整形外科医療の向上に貢献することが必要となります。チーム医療の一員として行動し、患者や医療関係者とのコミュニケーション能力を磨くことによって周囲から信頼されることも重要です。本研修プログラムでの研修後に皆さんは運動器疾患に関する良質かつ安全で心のこもった医療を提供するとともに、将来の医療の発展に貢献できる整形外科専門医となることが期待されます。
  整形外科の研修で経験すべき疾患・病態は、骨、軟骨、筋、靱帯、神経などの運動器官を形成するすべての組織の疾病・外傷・加齢変性です。また、新生児から高齢者まで全ての年齢層が対象となり、その内容は多様です。この多様な疾患に対する専門技能を習得するために、本研修プログラムでは1ヶ月の研修を1単位とする単位制をとります。全カリキュラムを脊椎、上肢・手、下肢、外傷、リウマチ、リハビリテーション、スポーツ、地域医療、小児、腫瘍の10の研修領域に分割し、基幹施設および連携施設をローテーションすることで、それぞれの領域で定められた単位数以上を修得し、3年9ヶ月間で45単位を修得するプロセスで研修を行います。
  整形外科後期研修プログラムにおいて必要とされる症例数は、年間新患数が500例、年間手術症例が40例と定められておりますが、基幹施設および連携施設全体において年間新患数約40,000例(2016年度40,400例)、年間手術件数約13,000件(2016年度12,778件)の豊富な症例数を有する本研修プログラムでは必要症例数をはるかに上回る症例を経験することが可能です。また、熊本整形外科医会への参加(年2回)および同会での研究発表(研修期間中1回以上)、西日本整形災害外科学会等の外部学会での発表(研修期間中1回以上)と論文執筆(研修期間中1編以上)を行うことによって、各専門領域における臨床研究に深く関わりを持つことができます。本研修プログラム修了後に、サブスペシャリティ領域の研修を開始する準備が整えられます。
  本専門研修プログラムの基幹施設と連携施設全体の2016年度における新患数、手術数、指導医数を下表に示します。

No. 施設種別 施設名称 新患数 手術数 指導医数
0 基幹施設 熊本大学病院 1573 803 9
1 連携施設 大牟田天領病院 1186 471 2
2 連携施設 荒尾市民病院 944 438 2
3 連携施設 公立玉名中央病院 3887 1300 6
4 連携施設 山鹿市民医療センター 1077 402 2
5 連携施設 熊本再春荘病院 2013 611 5
6 連携施設 熊本赤十字病院 7334 1017 5
7 連携施設 熊本医療センター 1873 1068 6
8 連携施設 熊本中央病院 1810 833 6
9 連携施設 済生会熊本病院 3988 1587 4
10 連携施設 宇城総合病院 1889 360 2
11 連携施設 熊本労災病院 4400 1304 6
12 連携施設 熊本総合病院 2060 630 2
13 連携施設 水俣市立総合医療センター 2816 733 3
14 連携施設 人吉医療センター 1438 618 1
15 連携施設 天草地域医療センター 2112 603 4
40400 12778 65

2.熊本大学整形外科専門研修の特徴

 本研修プログラムでは、基幹施設および連携施設全体において脊椎・脊髄外科、関節外科、スポーツ整形外科、外傷、手の外科、小児整形外科、リウマチ外科、リハビリテーションなどの専門性の高い診療を早くから経験することで、整形外科専門医取得後のサブスペシャリティ領域の研修へと継続していくことができます。また、基幹施設である熊本大学医学部附属病院における研修では、サブスペシャリティに対する専門性の高い研修に加えて、本大学の大きな特徴である大学院大学の側面を活かし、その後の大学院進学に備えた臨床研究および基礎研究への深い関わりを持つことができます。

 研修プログラム終了後の進路としては、大きく分けて大学院へ進学するコースと、直接サブスペシャリティ領域の研修に進むコースがあります。

 熊本大学医学部附属病院整形外科では大学院での臨床研究、基礎研究を奨励しています。大学院への進学は随時可能です。大学院での研究テーマは各人の希望を尊重し、テーマに応じて基礎医学教室または整形外科教室で研究に従事していただきます。大学院への進学は本研修プログラム以外の専門修練の途中からも可能です。また、熊本大学医学部附属病院整形外科や連携施設整形外科で2年以上の勤務実績がある場合、勤務を続けながら社会人大学院で研究に従事することも可能です。大学院卒業後はサブスペシャリティ領域の研修に進み、各分野の臨床、研究に従事しますが、国内外への留学で、さらに研究の幅を深める選択肢もあります。一方、研修プログラム終了後にサブスペシャリティ領域の研修に直接進む場合には、進みたい領域の専門診療班に所属し、熊本大学整形外科ならびに連携施設において専門領域の研修を行います。いずれのコースにおいても研修終了翌年度から行うためには、専攻研修4年目の6月の時点で、後述する修了認定基準を満たす見込みが得られていることが必要です。

① 熊本大学医学部附属病院整形外科

 熊本大学整形外科は1954年に開講し、2014年に開講60周年を迎えた歴史ある整形外科教室です。初代玉井達二教授、2代北川敏夫教授、3代高木克公教授と続き、2005年からは水田博志教授が教室を主宰しています。その特徴としては四肢関節班、脊椎班、腫瘍班の3つの診療班からなり、脊椎脊髄外科専門医、関節リウマチ専門医、手の外科専門医、スポーツドクターが所属しています。また、水田博志教授は当院リハビリテーション科科長も併任しており、密な連携を取って研修を行います。救急・総合診療部、集中治療部、医療情報経営企画部も整形外科スタッフが教員を務めています。一方、大学院大学として大学院講座と寄附講座を持っています。そのため大学における研修では、それぞれの診療班に所属して研修することによりサブスペシャリティに対する専門性の高い研修を受けると同時に、臨床研究に対する関わりを深く持つことができます。また、多くの大学院講座と連携し、大学院研究発表会(年2回)や論文抄読会(毎週)を通じて臨床・基礎研究、トランスレーショナルな研究に関しても深い関わりを持つことができます。
 熊本大学整形外科の週間予定を下表に示します。


熊本大学整形外科週間予定

月曜日 午前 手術
午後 手術、科長回診、術後検討会、外来新患X 線検討会
火曜日 午前 外来診療
午後 病棟診療
水曜日 午前 手術
午後 手術、専門診回診、専門診症例検討会、専門診抄読会
木曜日 午前 外来診療
午後 病棟診療
金曜日 午前 術前検討会、新入院患者検討会、教室抄読会、外来診療
午後 病棟診療

② 専門研修連携施設

 熊本大学病院を基幹施設として都市型基幹病院、地域型基幹病院、地域医療型病院において、それぞれ1年間研修を行います(Ⅰ型研修プログラム群:リサーチマインド研修基幹施設中心群)。都市型基幹病院は熊本赤十字病院、熊本中央病院、熊本医療センター、済生会熊本病院で構成されています。地域型基幹病院は水俣市立総合医療センター(Ⅱ型研修プログラム群:高度診療実績保有基幹施設群の基幹施設申請中)、熊本総合病院、熊本再春荘病院、公立玉名中央病院(Ⅱ型研修プログラム群の基幹施設申請中)、熊本労災病院で構成され、地域医療型病院は大牟田天領病院、荒尾市民病院、山鹿市民医療センター、宇城総合病院、人吉医療センター、天草地域医療センターで構成されています。


 都市型基幹病院は熊本医療圏の拠点病院であり、地域型基幹病院は熊本医療圏以外の拠点病院となっており、それぞれライフスタイルが異なる患者群における様々な疾患を経験することができます。基幹病院には概ね5名以上の整形外科専門医が在籍し、脊椎・脊髄外科、関節外科、スポーツ整形外科、外傷、手の外科、小児整形外科、リウマチ外科などの専門領域の診療も充実しており、一般診療とともに各領域に対する専門性の高い研修を受けることができます。一方、地域医療型病院は過疎地域を含む比較的人口が少ない地域の医療を担っており、2〜4名の整形外科専門医とともに一般診療ならびに地域の特性に応じた病診連携や在宅医療など地域医療の実際を体得することができます。

 このような基幹施設と連携施設で研修することで豊富な症例数、すなわち、200例以上の手術手技と100例以上の手術執刀経験を積むことができます。また、執刀した症例は原則として主治医として担当することで医師としての責任感や患者やメディカルスタッフなどと良好な信頼関係を構築する能力も育んでいきます。

③ 熊本大学整形外科研修コースの具体例

 本専門研修コースの具体例として下表のごとく、熊本大学医学部附属病院整形外科を基幹施設として、都市型基幹病院、地域型基幹病院、地域医療型病院を1年毎に研修します。専門研修施設別ローテーションの具体例を下表に示します。


専門研修施設別ローテーション表

基幹施設 都市型基幹病院 地域型基幹病院 地域医療型病院
1 年目 2 年目 3 年目 4 年目
熊本大学病院 専攻医1〜10
熊本赤十字病院 専攻医1, 2
熊本中央病院 専攻医3, 4
熊本医療センター 専攻医5, 6, 7
済生会熊本病院 専攻医8, 9, 10
水俣市立総合医療センター 専攻医1, 8
熊本総合病院 専攻医4, 9,
熊本再春荘病院 専攻医2, 7
公立玉名中央病院 専攻医5, 10,
熊本労災病院 専攻医3, 6
大牟田天領病院 専攻医2, 6
荒尾市民病院 専攻医8, 9
山鹿市民医療センター 専攻医1, 4
宇城総合病院 専攻医10
人吉医療センター 専攻医7
天草地域医療センター 専攻医3, 5

専攻医別のローテーションを下表に示します。


専攻医別ローテーション表

  1 年目 2 年目 3 年目 4 年目
専攻医1 熊本大学病院 熊本赤十字病院 水俣医療センター 山鹿医療センター
専攻医2 熊本大学病院 熊本赤十字病院 熊本再春荘病院 大牟田天領病院
専攻医3 熊本大学病院 熊本中央病院 熊本労災病院 天草医療センター
専攻医4 熊本大学病院 熊本中央病院 熊本総合病院 山鹿医療センター
専攻医5 熊本大学病院 熊本医療センター 玉名中央病院 天草医療センター
専攻医6 熊本大学病院 熊本医療センター 熊本労災病院 大牟田天領病院
専攻医7 熊本大学病院 熊本医療センター 熊本再春荘病院 人吉医療センター
専攻医8 熊本大学病院 済生会熊本病院 水俣医療センター 荒尾市民病院
専攻医9 熊本大学病院 済生会熊本病院 熊本総合病院 荒尾市民病院
専攻医10 熊本大学病院 済生会熊本病院 玉名中央病院 宇城総合病院

③ 各コースでの専攻医修得単位

 各施設の専門性(脊椎・脊髄外科、関節外科、スポーツ整形外科、外傷、手の外科、小児整形外科、リウマチ外科、リハビリテーション)に基づいた専攻医修得単位の例を示します。各専門研修コースは、各専攻医の希望を考慮して研修コースを作成しています。流動単位の5単位については、必須単位取得後にさらなる経験が必要と考えられる分野や、将来希望するサブスペシャリティ分野を重点的に研修することが可能です。

 以下に基幹施設と専門研修連携施設において指導可能な研修領域と専攻医別の取得単位を示します。


専門研修施設群と指導可能な研修領域

  指導可能な研修領域
a b c d e f g h i j
熊本大学病院
熊本赤十字病院
熊本中央病院
熊本医療センター
済生会熊本病院
水俣市立総合医療センター
熊本総合病院
熊本再春荘病院
公立玉名中央病院
熊本労災病院
大牟田天領病院
荒尾市民病院
山鹿市民医療センター
宇城総合病院
人吉医療センター
天草地域医療センター

研修領域はa:脊椎・脊髄、b:上肢・手、c:下肢、d:外傷、e:リウマチ、f:リハビリテーション、g:スポーツ、h:地域医療、i:小児、j:腫瘍、k:流動として表示しています。


専攻医別取得単位

  1 年目 2 年目 3 年目 4 年目 取得単位の合計
専攻医1 e3f3,g2,i2,j2 a6,d5,g1 b6,c6 d1,h3,k5 a6b6c6d6e3f3g3h3i2j2k5
専攻医2 f3,g3,i2,j2,k2 a6,d6 b3,c6,e3 b3,h3,k3 a6b6c6d6e3f3g3h3i2j2k5
専攻医3 b2,e3,f3,g2,j2 a6,c6 b4,d5,g1,i2 d1,h3,k5 a6b6c6d6e3f3g3h3i2j2k5
専攻医4 b2,e3,g3,j2,k2 a6,c6 b4,d3,f3,i2 d3,h3,k3 a6b6c6d6e3f3g3h3i2j2k5
専攻医5 c2,e3,g3,j2,k2 a6,b6 c4,d3,f3,i2 d3,h3,k3 a6b6c6d6e3f3g3h3i2j2k5
専攻医6 b2,f3,g3,j2,k2 a6,c6 b4,d6,i2 e3,h3,k3 a6b6c6d6e3f3g3h3i2j2k5
専攻医7 c3,f3,g3,j2,k1 a6,d6 b6,e3,k3 c3,h3,i2,k1 a6b6c6d6e3f3g3h3i2j2k5
専攻医8 a3,e3,g2,i2,j2 b3,c3,d6 b3,c3,f6 a3,h3,k3 a6b6c6d6e3f6g2h3i2j2k3
専攻医9 a3,e3,g2,i2,j2 b3,c6,d3 b3,f6,k3 a3,d3,h3 a6b6c6d6e3f6g2h3i2j2k3
専攻医10 a2,e3,g3,j2,k2 c6,d6 a4,f3,i2,k3 b6,h3 a6b6c6d6e3f3g3h3i2j2k5

3.熊本大学整形外科専門研修の目標

① 専門研修後の成果

 整形外科研修プログラムを修了した専攻医は、あらゆる運動器に関する科学的知識と高い社会的倫理観を備え、さらに、進歩する医学の新しい知識と技能を修得できるような幅広い基本的な臨床能力(知識・技能・態度)が身についた整形外科専門医となることができる。また、同時に専攻医は研修期間中に以下のコアコンピテンシーも習得できる。
1) 患者への接し方に配慮し、患者や医療関係者とのコミュニケーション能力を磨くこと。
2) 自立して、誠実に、自律的に医師としての責務を果たし、周囲から信頼されること(プロフェッショナリズム)。
3) 診療記録の適確な記載ができること。
4) 医の倫理、医療安全等に配慮し、患者中心の医療を実践できること。
5) 臨床から学ぶことを通して基礎医学・臨床医学の知識や技術を修得すること。
6) チーム医療の一員として行動すること
7) 後輩医師に教育・指導を行うこと。
8) 地域医療の重要性を十分に理解し、地域住民の健康維持向上に貢献すること。


② 到達目標(修得すべき知識・技能・態度など)

1) 専門知識
  専攻医は、整形外科研修カリキュラムに沿って研修し、整形外科専門医として、あらゆる運動器に関する科学的知識と高い社会的倫理観を涵養します。さらに、進歩する医学の新しい知識を修得できるように、幅広く基本的、専門的知識を修得します。専門知識習得の年次毎の到達目標は日本整形外科学会が作成した資料1*を参照してください。
(*日本整形外科学会が作成した資料1-13は日本整形外科学会のホームページからダウンロードできます)

2) 専門技能(診察、検査、診断、処置、手術など)
  専攻医は、整形外科研修カリキュラムに沿って研修し、整形外科専門医として、あらゆる運動器に関する幅広い基本的な専門技能(診察、検査、診断、処置、手術など)を身につけます。専門技能習得の年次毎の到達目標は資料2を参照してください。

3)学問的姿勢
  臨床的な疑問点を見出して解明しようとする意欲を持ち、その解答を科学的に導き出し、論理的に正しくまとめる能力を修得することができることを一般目標とし、以下の行動目標を定めています。
(1) 経験症例から研究テーマを立案しプロトコールを作成できる。
(2) 研究に参考となる文献を検索し、適切に引用することができる。
(3) 結果を科学的かつ論理的にまとめ、口頭ならびに論文として報告できる。
(4) 研究・発表媒体には個人情報を含めないように留意できる。
(5) 研究・発表に用いた個人情報を厳重に管理できる。
(6) 統計学的検定手法を選択し、解析できる。

 さらに、本研修プログラムでは学術活動として、下記2項目を定めています。
(1)熊本整形外科医会への参加(年2回)および同会での研究発表(研修期間中1回以上)。
(2)西日本整形災害外科学会等の外部学会での発表(研修期間中2回以上)と論文作成(研修期間中1編以上)。

4) 医師としての倫理性、社会性など
  整形外科研修カリキュラムの中に「医師の法的義務と職業倫理」の項を設け、一般目標として「医師が守るべき法律と医師に求められる倫理規範を理解し、遵守できる」を行動目標として以下を掲げています。
(1) 医師法等で定められた医師の義務を知っている。
(2) 医療法の概略、特に療養担当規則を理解している。
(3) 医療行為に関する上記以外の法律(健康保険法・薬事法など)を十分に理解し、遵守できる。
(4) 医療倫理、医療安全の重要性を理解し実践できる。
(5) DOH (Declaration of Helsinki)、日本医師会の「医の職業倫理綱領」を知っている。
(6) 患者やその家族と良好な信頼関係を確立することができる。
また、患者およびその家族と良好な信頼関係を築くことができるようコミュニケーション能力と協調による連携能力を身につける。さらに、医療職スタッフとのコミュミケーション能力を身につけ、関連する医療従事者と協調・協力してチーム医療を実践することができる。


③ 経験目標(種類、内容、経験数、要求レベル、学習法および評価法等)

1) 経験すべき疾患・病態
 本専門研修プログラムでは、基幹施設と基幹病院において脊椎・脊髄外科、関節外科、スポーツ整形外科、外傷、手の外科、小児整形外科、リウマチ外科、リハビリテーションなどのサブスペシャリティの研修に十分な症例数を経験することが出来ます。また、地域医療型病院においては外傷から地域医療にわたる様々な疾患に対する技能を経験することができます。基幹施設と連携施設での切れ目ない研修により専門研修期間中に経験すべき疾患・病態は十分に経験することができます。

2) 経験すべき診察・検査等
  資料3参照:整形外科研修カリキュラムに明示した経験すべき診察・検査等の行動目標に沿って研修します。尚、年次毎の到達目標は資料2:専門技能習得の年次毎の到達目標に示します。Ⅲ診断基本手技、Ⅳ治療基本手技については3年9ヶ月間で5例以上経験します。

3) 経験すべき手術・処置等
  資料3参照:整形外科専門研修カリキュラムに明示した一般目標及び行動目標に沿って研修します。経験すべき手術・処置等の行動目標に沿って研修します。
  本専門研修プログラムでは、研修中に必要な手術・処置の修了要件を満たすのに十分な症例を経験することができます。上述したそれぞれの連携施設において、施設での特徴を生かした症例や技能を広くより専門的に学ぶことができます。

4) 地域医療の経験(病診・病病連携、地域包括ケア、在宅医療など)
  資料3参照:整形外科専門研修カリキュラムの中にある地域医療の項目に沿って周辺の医療施設との病病・病診連携の実際を経験します。
(1)地域医療型病院において12ヶ月勤務します。
(2)本専門研修プログラムの連携施設には、地域医療型病院として大牟田天領病院、荒尾市民病院、山鹿市民医療センター、宇城総合病院、人吉医療センター、天草地域医療センターといった連携施設が入っています。そのため、連携施設での研修中に以下の地域医療(過疎地域も含む)の研修が可能です。大牟田天領病院は福岡県にありますが、荒尾市民病院、山鹿市民医療センターとともに本プログラムの北部地区医療圏を担っています。
・地域の医療資源や救急体制について把握し、地域の特性に応じた病診連携、病病連携のあり方について理解して実践できる。
・例えば、ADLの低下した患者に対して、在宅医療やケア専門施設などを活用した医療を立案する。

5) 学術活動
  研修期間中に日本整形外科学会が主催又は認定する教育研修会を受講し、所定の手続により30単位を修得します。また、臨床的な疑問点を見出して解明しようとする意欲を持ち、その解答を科学的に導きだし、論理的に正しくまとめる能力を修得するため、研修期間中2回以上の学会発表、筆頭著者として研修期間中1編以上の論文を作成します。
  毎年定期的に熊本大学整形外科が主催する下表のセミナーが開催され、各分野の最新の知識を学ぶことができます。

1 月 熊本関節外科学術講演会
4 月 熊本運動器疾患懇話会
6 月 熊本整形外科セミナー
7 月 熊本運動器疾患フォーラム
8 月 熊本スポーツ整形外科研究会
9 月 熊本県ロコモティブシンドローム研究会
10 月 熊本運動器セミナー

4.熊本大学整形外科専門研修の方法

① 臨床現場での学習

 研修内容を修練するにあたっては、1ヶ月の研修を1単位とする単位制をとり、全カリキュラムを10の研修領域に分割し、基幹施設および連携施設をローテーションすることで、それぞれの領域で定められた修得単位数以上を修得し、4年間で48単位を修得する修練プロセスで研修します。

 本研修プログラムにおいては手術手技を200例以上経験し、そのうち術者としては100例以上を経験することができます。尚、術者として経験すべき症例については、別添する資料3:整形外科専門研修カリキュラムに示した(A:それぞれについて最低5例以上経験すべき疾患、B:それぞれについて最低1例以上経験すべき疾患)疾患の中のものとします。

 術前術後カンファレンスにおいて手術報告をすることで、手技および手術の方法や注意点を深く理解し、整形外科的専門技能の習得を行います。
 指導医は上記の事柄について、責任を持って指導します。


② 臨床現場を離れた学習

 日本整形外科学会学術集会時に教育研修講演(医療安全、感染管理、医療倫理、指導・教育、評価法に関する講演を含む)に参加します。また関連学会・研究会において日本整形外科学会が認定する教育研修会、各種研修セミナーで、国内外の標準的な治療および先進的・研究的治療を学習します。特に本研修プログラムでは、毎年定期的に熊本大学整形外科が主催する上記セミナーが開催され、各分野の最新の知識を学ぶことができます。


③ 自己学習

 日本整形外科学会や関連学会が認定する教育講演受講、日本整形外科学会が作成するe-LearningやTeaching fileなどを活用して、より広く、より深く学習することができます。日本整形外科学会作成の整形外科卒後研修用DVD等を利用することにより、診断・検査・治療等についての教育を受けることもできます。


④ 専門研修中の年度毎の知識・技能・態度の修練プロセス

 整形外科専門医としての臨床能力(コンピテンシー)には、専門的知識・技能だけでなく、医師としての基本的診療能力(コアコンピテンシー)が重要であることから、どの領域から研修を開始しても基本的診療能力(コアコンピテンシー)を身につけさせることを重視しながら指導し、さらに専攻医評価表を用いてフィードバックをすることによって基本的診療能力(コアコンピテンシー)を早期に獲得することを目標とします。

1) 具体的な年度毎の達成目標は、資料1:専門知識習得の年次毎の到達目標及び資料2:専門技能習得の年次毎の到達目標を参照のこと。
2) 整形外科の研修で修得すべき知識・技能・態度は、骨、軟骨、筋、靱帯、神経などの運動器官を形成するすべての組織の疾病・外傷・加齢変性を対象とし、専門分野も解剖学的部位別に加え、腫瘍、リウマチ、スポーツ、リハビリ等多岐に渡ります。この様に幅広い研修内容を修練するにあたっては、別添した研修方略(資料6)に従って1ヶ月の研修を1単位とする単位制をとり、全カリキュラムを10の研修領域に分割し、それぞれの領域で定められた修得単位数以上を修得し、3年9ヶ月間で45単位を修得する修練プロセスで研修します。研修コースの具体例は上に示した通りです。

5.専門研修の評価について

① 形成的評価

1)フィードバックの方法とシステム
 専攻医は、各研修領域終了時および研修施設移動時に日本整形外科学会が作成したカリキュラム成績表(資料7)の自己評価欄に行動目標毎の自己評価を行います。また指導医評価表(資料8)で指導体制、研修環境に対する評価を行います。指導医は、専攻医が行動目標の自己評価を終えた後にカリキュラム成績表(資料7)の指導医評価欄に専攻医の行動目標の達成度を評価します。尚、これらの評価は日本整形外科学会が作成した整形外科専門医管理システムからwebで入力します。指導医は抄読会や勉強会、カンファレンスの際に専攻医に対して教育的な建設的フィードバックを行います。

2)指導医層のフィードバック法の学習(FD)
 指導医は、日本整形外科学会が行う指導医講習会等を受講してフィードバック法を学習し、より良い専門医研修プログラムの作成に努めています。指導医講習会には、フィードバック法を学習するために「指導医のあり方、研修プログラムの立案(研修目標、研修方略及び研修評価の実施計画の作成)、専攻医、指導医及び研修プログラムの評価」などが組み込まれています。


② 総括的評価

1) 評価項目・基準と時期
  専門専攻研修4年目の3月に研修期間中の研修目標達成度評価報告と経験症例数報告をもとに総合的評価を行い、専門的知識、専門的技能、医師としての倫理性、社会性などを習得したかどうかを判定します。

2) 評価の責任者
  年次毎の評価は専門研修基幹施設や専門研修連携施設の専門研修指導医が行います。専門研修期間全体を通しての評価は、専門研修基幹施設の専門研修プログラム統括責任者が行います。

3) 修了判定のプロセス
  研修基幹施設の整形外科専門研修プログラム管理委員会において、各専門研修連携施設の指導管理責任者を交えて修了判定を行います。
修了認定基準は、
(1) 各修得すべき領域分野に求められている必要単位を全て満たしていること。
 (専攻医獲得単位報告書:資料9を提出)。
(2) 行動目標のすべての必修項目について目標を達成していること。
(3) 臨床医として十分な適性が備わっていること。
(4) 研修期間中に日本整形外科学会が主催又は認定する教育研修会を受講し、所定の手続により30 単位を修得していること。
(5) 1 回以上の学会発表、筆頭著者として1編以上の論文があること。
の全てを満たしていることです。

4) 他職種評価
  専攻医に対する評価判定に他職種(看護師、技師等)の医療従事者の意見も加えて医師としての全体的な評価を行い専攻医評価表(資料10)に記入します。専攻医評価表には指導医名以外に医療従事者代表者名を記します。

6.研修プログラムの施設群について

専門研修基幹施設
熊本大学医学部附属病院整形外科が専門研修基幹施設となります。
専門研修連携施設
 熊本大学整形外科研修プログラムの施設群を構成する連携病院は以下の通りです。専門研修連携施設の認定基準を満たしています。
・ 大牟田天領病院
・ 荒尾市民病院
・ 公立玉名中央病院
・ 山鹿市民医療センター
・ 熊本再春荘病院
・ 熊本赤十字病院
・ 熊本医療センター
・ 熊本中央病院
・ 済生会熊本病院
・ 宇城総合病院
・ 熊本労災病院
・ 熊本総合病院
・ 水俣市立総合医療センター
・ 人吉医療センター
・ 天草地域医療センター
専門研修施設群
 熊本大学医学部附属病院整形外科と連携施設により専門研修施設群を構成します。
専門研修施設群の地理的範囲
 熊本大学整形外科研修プログラムの専門研修施設群は、大牟田天領病院(福岡県)を除いて全て熊本県にあります。

7.専攻医受入数

 各専攻医指導施設における専攻医総数の上限(4学年分)は、当該年度の指導医数×3となっています。各専門研修プログラムにおける専攻医受け入れ可能人数は、専門研修基幹施設および連携施設の受け入れ可能人数を合算したものです。またプログラム参加施設の合計の症例数で専攻医の数が規定され、プログラム全体での症例の合計数は、(年間新患数が500例、年間手術症例を40例)×専攻医数とされています。

 この基準に基づき、専門研修基幹施設である熊本大学医学部附属病院整形外科と専門研修連携施設全体の指導医数(2016)は65名であり、年間新患数(2016)40,400例、年間手術件数(2016)12,778件と十分な指導医数・症例数を有しますが、質量ともに十分な指導を提供するために1年10名、4年で40名を受入数とします。

8.地域医療・地域連携への対応

 整形外科専門医制度は、地域の整形外科医療を守ることを念頭に置いています。
地域医療研修病院における外来診療および二次救急医療に従事し、主として一般整形外科外傷の診断、治療、手術に関する研修を行います。また地域医療研修病院における周囲医療機関との病病連携、病診連携を経験・習得します。本研修プログラムでは、地域医療型病院(大牟田天領病院、荒尾市民病院、山鹿市民医療センター、宇城総合病院、人吉医療センター、天草地域医療センター)に12ヶ月勤務することによりこれを行います。

 地域において指導の質を落とさないための方法として、指導医には熊本大学整形外科が主催するセミナーの参加を義務付け、他大学整形外科の多領域における最新知識に関する講義を受けると同時に、自らが指導する専攻医の集談会あるいは学会への参加を必須としています。また研修関連施設の指導医は、研修プログラム管理委員会に参加するとともに、自らが指導した専攻医の評価報告を行います。同時に、専攻医から研修プログラム管理委員会に提出された指導医評価表に基づいたフィードバックを受けることになります。

9.サブスペシャリティ領域との連続性について

 熊本大学整形外科研修プログラムでは各指導医が脊椎・脊髄外科、関節外科、スポーツ整形外科、外傷、手の外科、小児整形外科、リウマチ外科、リハビリテーション等のサブスペシャリティを有しています。専攻医が興味を有し、将来指向する各サブスペシャリティ領域については、指導医のサポートのもと、より深い研修を受けることができます。なお、専攻医によるサブスペシャリティ領域の症例経験や学会参加は強く推奨されます。

10.整形外科研修の休止・中断、プログラム移動、プログラム外研修の条件

 傷病、妊娠、出産、育児、その他やむを得ない理由がある場合の休止期間は合計6ヶ月間以内とします。限度を超えたときは、原則として少なくとも不足期間分を追加履修することになります。疾病の場合は診断書の、妊娠・出産の場合はそれを証明するものの添付が必要です。留学、診療実績のない大学院の期間は研修期間に組み入れることはできません。また研修の休止期間が6ヶ月を超えた場合には、専門医取得のための専門医試験受験が1年間遅れる場合もあります。専門研修プログラムの移動に際しては、移動前・後のプログラム統括責任者及び整形外科領域の研修委員会の同意が必要です。

11.専門研修プログラムを支える体制

① 専門研修プログラムの管理運営体制

 基幹施設である熊本大学医学部附属病院においては、指導管理責任者(プログラム統括責任者を兼務)および指導医の協力により、また専門研修連携施設においては指導管理責任者および指導医の協力により専攻医の評価体制を整備します。専門研修プログラムの管理には添付した日本整形外科学会が作成した指導医評価表や専攻医評価表などを用いた双方向の評価システムにより、互いにフィードバックすることから研修プログラムの改善を行います。
 上記目的達成のために専門研修基幹施設に専門研修プログラムと専攻医を統括的に管理する整形外科専門研修プログラム管理委員会を置き、年に一度開催します。


② 労働環境、労働安全、勤務条件

 労働環境、労働安全、勤務条件等は各専門研修基幹施設や専門研修連携施設の病院規定によります。

1)研修施設の責任者は専攻医のために適切な労働環境の整備に努めます。
2)研修施設の責任者は専攻医の心身の健康維持に配慮します。
3)過剰な時間外勤務を命じないようにします。
4)施設の給与体系を明示し、3年9ヶ月間の研修で専攻医間に大きな差が出ないよう配慮します。

 専攻医の勤務時間、休日、当直、給与などの勤務条件については、労働基準法を遵守し、各施設の労使協定に従います。さらに、専攻医の心身の健康維持への配慮、当直業務と夜間診療業務の区別とそれぞれに対応した適切な対価を支払うこと、バックアップ体制、適切な休養などについて、勤務開始の時点で説明を行います。
 総括的評価を行う際、専攻医および指導医は専攻医指導施設に対する評価も行い、その内容は熊本大学医学部附属病院整形外科専門研修管理委員会に報告されますが、そこには労働時間、当直回数、給与など、労働条件についての内容が含まれます。

12.専門研修実績記録システム、マニュアル等について

① 研修実績および評価を記録し、蓄積するシステム

 原則として日本整形外科学会が作成した整形外科専門医管理システムを用いて整形外科専門研修カリキュラムの自己評価と指導医評価及び症例登録をweb入力で行います。日本整形外科学会非会員は、紙評価表を用います。


② 人間性などの評価の方法

 指導医は別添の研修カリキュラム「医師の法的義務と職業倫理」の項で医師としての適性を併せて指導し、整形外科専門医管理システムにある専攻医評価表(資料10参照)を用いて入院患者・家族とのコミュニケーション、医療職スタッフとのコミュニケーション、全般的倫理観、責任感を評価します。


③ プログラム運用マニュアル・フォーマット等の整備

 日本整形外科学会が作成した①整形外科専攻医研修マニュアル(資料13:日本 整形外科学会のホームページ参照)、②整形外科指導医マニュアル(資料12:日本 整形外科学会のホームページ参照)、③専攻医取得単位報告書(資料9)、④専攻医評価表(資料10)、⑤指導医評価表(資料8)、⑥カリキュラム成績表(資料7)を用います。③、④、⑤、⑥は整形外科専門医管理システムを用いてweb入力することが可能です。日本整形外科学会非会員の場合、紙評価表、報告書を用います。

1)専攻医研修マニュアル

日本整形外科学会が作成した整形外科専攻医研修カリキュラム(資料13)参照。
自己評価と他者(指導医等)評価は、整形外科専門医管理システム(作成中)にある④専攻医評価表(資料10)、⑤指導医評価表(資料8)、⑥カリキュラム成績表(資料7)を用いてweb入力します。

2)指導者マニュアル

  日本整形外科学会が作成した整形外科指導医マニュアル(資料12)を参照。

3)専攻医研修実績記録フォーマット

  整形外科研修カリキュラム(資料7参照)の行動目標の自己評価、指導医評価及び経験すべき症例の登録は日本整形外科学会の整形外科専門医管理システムを用いてwebフォームに入力します。非学会員は紙入力で行います。

4)指導医による指導とフィードバックの記録

  日本整形外科学会の整形外科専門医管理システムにある専攻医評価表、指導医評価表webフォームに入力することで記録されます。尚、非学会員は紙入力で行います。

5)指導者研修計画(FD)の実施記録

  指導医が、日本整形外科学会が行う指導医講習会等を受講すると指導医に受講証明書が交付されます。指導医はその受講記録を整形外科専門研修プログラム管理委員会に提出し、同委員会はサイトビジットの時に提出できるようにします。受講記録は日本整形外科学会でも保存されます。

13.専門研修プログラムの評価と改善

① 専攻医による指導医および研修プログラムに対する評価

 日本整形外科学会が作成した指導医評価表を用いて、各ローテーション終了時(指導医交代時)毎に専攻医による指導医や研修プログラムの評価を行うことにより研修プログラムの改善を継続的に行います。専攻医が指導医や研修プログラムに対する評価を行うことで不利益を被ることがないように保証します。


② 専攻医等からの評価(フィードバック)をシステム改善につなげるプロセス

 専攻医は、各ローテーション終了時に指導医や研修プログラムの評価を行います。その評価は研修プログラム統括責任者が報告内容を匿名化して研修プログラム管理委員会に提出、研修プログラム管理委員会では研修プログラムの改善に生かすようにするとともに指導医の教育能力の向上を支援します。


③ 研修に対する監査(サイトビジット等)・調査への対応

研修プログラムに対する日本専門医機構など外部からの監査・調査に対して研修プログラム統括責任者および研修連携施設の指導管理責任者ならびに専門研修指導医及び専攻医は真摯に対応、プログラムの改良を行います。専門研修プログラム更新の際には、サイトビジットによる評価の結果と改良の方策について日本専門医機構の整形外科研修委員会に報告します。

14.専攻医の採用と修了

① 採用方法

応募資格
初期臨床研修修了見込みの者であること。
採用方法
 基幹施設である熊本大学医学部附属病院整形外科に置かれた整形外科専門研修プログラム管理委員会が、整形外科専門研修プログラムをホームページや印刷物により毎年公表します。毎年7月頃より説明会などを複数回行い、整形外科専攻医を募集します。
 翌年度のプログラムへの応募者は、下記宛に所定の形式の『熊本大学整形外科専門研修プログラム応募申請書』および履歴書を提出します。申請書は下記に連絡して入手してください。
 〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1
 熊本大学医学部附属病院整形外科医局長 岡 潔
 TEL:096-373-5226
 FAX:096-373-5228
 E-mail:seikeigeka@kumamoto-u.ac.jp

 原則として10月中に書類選考および面接を行い、採否を決定して本人に文書で通知します。応募者および選考結果については3月の熊本大学医学部附属病院整形外科専門研修プログラム管理委員会において報告します。


② 修了要件

1)各修得すべき領域分野に求められている必要単位を全て満たしていること。
2)行動目標のすべての必修項目について目標を達成していること。
3)臨床医として十分な適性が備わっていること。
4)研修期間中に日本整形外科学会が主催又は認定する教育研修会を受講し、所定の手続により30単位を修得していること。
5)1回以上の学会発表を行い、また筆頭著者として1編以上の論文があること。
 以上1)〜5)の修了認定基準をもとに、専攻研修4年目の3月に、研修基幹施設の整形外科専門研修プログラム管理委員会において、各専門研修連携施設の指導管理責任者を交えて修了判定を行います。

▲このページのTOPに戻る