Home > 教授挨拶

教授挨拶

教授挨拶

整形外科は、上肢、下肢、骨盤、脊椎・脊髄など、体を支え動かす運動器の外傷(ケガ)や疾患(病気)を診断し治療する診療科です。

整形外科の患者様は、新生児から高齢者まで全ての年齢層にわたり、先天的な疾患、成長期にみられる疾患、交通事故や労働災害による外傷、スポーツによる外傷や故障、加齢に伴う関節や脊椎の疾患、骨や軟部組織の腫瘍、関節リウマチや骨髄炎などの炎症性疾患、あるいは骨粗鬆症などの代謝性疾患など、多種多様な外傷や疾患を対象としています。

このため、当科では安全で高度な医療を提供することを目標に、専門診療体制を整備し、それぞれの疾患ごとに専門医が診療に当たっています。

  治療にあたっては、薬物治療、運動療法(リハビリテーション)、手術などの中から、それぞれの患者様に応じた最も適切な方法を選択し、また患者様の負担がより少ない関節鏡視下手術や顕微鏡視下手術などを利用して、早期に日常生活やスポーツへの復帰ができるような治療をこころがけています。また、骨・軟部悪性腫瘍や癌の骨転移の治療、側彎症に対する手術的治療、病的低身長や脚長不同症に対する骨延長術、種々の合併症を持つ患者様に対する手術などにも積極的に取り組んでいます。

  また当科では、様々な運動器疾患の病態解明と新たな診断・治療法の開発をめざして研究を進めています。

  関節の分野では、日本人の骨の形状により適合した人工股関節の開発と臨床応用、手術後になるべく良く曲がる膝を目標とした人工膝関節の生体内運動解析、安全かつ正確に関節鏡視下手術を行うための肩関節の解剖学的研究、さらに変形性関節症に対する新たな治療法の開発を目的とした関節破壊の分子メカニズムの解析などを行っています。

  脊椎・脊髄の分野では、椎間板ヘルニアにおける脱出椎間板の自然吸収メカニズムの研究や椎間板再生医療に向けた椎間板髄核細胞のマーカー遺伝子に関する研究、椎間板変性症のゲノム研究などに取り組んでいます。

  腫瘍の分野では、MRI拡散強調画像を応用した骨軟部腫瘍の質的診断と化学療法効果判定、軟部悪性腫瘍における縮小手術の可能性などについて研究を進めています。

  さらに、きわめて治療が困難な関節軟骨損傷の治療に対しては、増殖分化シグナルによる軟骨再生制御機構の解明に取り組み、その研究成果に基づいて「関節軟骨損傷に対する関節鏡視下FGF-2注入療法」を考案し臨床応用を開始しています。

  また、現在整形外科で現在用いられている様々な診断法や治療法の妥当性を検証し、最も安全で効果的な方法を確立するために、当教室の関連病院と連携した多施設での検証試験にも積極的に取り組んでいます。

熊本大学医学部附属病院   整形外科教授 水田 博志

教授プロフィール

専門分野

膝関節外科 スポーツ医学 骨延長 リウマチ性疾患 軟骨再生

略歴

昭和53年3月 熊本大学医学部卒業
昭和53年6月 熊本大学医学部附属病院研修医(整形外科)
昭和54年4月 熊本県立松橋療護園技官
昭和54年10月
熊本大学医学部附属病院研修医(整形外科)
昭和55年4月 熊本大学大学院医学研究科入学
昭和59年3月 同修了(医学博士)
昭和59年4月 熊本大学医学部附属病院助手(整形外科)
昭和60年5月 東京大学医学部にて研修(整形外科)
昭和60年10月 同終了
昭和63年7月 熊本大学医学部講師(整形外科学)
平成5年11月 熊本大学医学部助教授(整形外科学)
平成8年9月 米国メイヨクリニックVisiting Scientist (Dr. Shawn W. O’Driscoll研究室)
平成9年9月 同終了
平成15年4月 熊本大学大学院医学薬学研究部助教授
(運動骨格病態学分野)(組織改編により)
平成17年6月 熊本大学大学院医学薬学研究部教授
平成22年1月 同生命科学研究部教授(組織名称変更)
平成23年4月 熊本大学医学部附属病院副病院長
平成27年4月 熊本大学副学長  熊本大学医学部附属病院長
  現在に至る

所属学会

日本整形外科学会(代議員、専門医、スポーツ医) 日本リウマチ学会(評議員、指導医、専門医)日本臨床スポーツ医学会(評議員)日本整形外科スポーツ医学会(評議員、教育研修委員会委員長)日本膝関節学会(理事)日本関節鏡学会(評議員)日本運動器リハビリテーション学会(評議員)日本軟骨代謝学会(評議員)日本運動器移植・再生医学研究会(幹事)日本リハビリテーション医学会(認定臨床医) Société Internationale de Chirurgie Orthopédique et de Traumatologie Société Internationale de Recherche Orthopédique et de Traumatologie

▲このページのTOPに戻る